ジョー・ブラックをよろしく(1998年 アメリカ)

ジョー・ブラックをよろしく [DVD] - ブラッド・ピット, アンソニー・ホプキンス, クレア・フォーラニ, マーティン・ブレスト
ジョー・ブラックをよろしく [DVD] - ブラッド・ピット, アンソニー・ホプキンス, クレア・フォーラニ, マーティン・ブレスト

ある日の夜、広大な屋敷の寝室で眠りに就いていた大富豪・パリッシュ(アンソニー・ホプキンス)は、何度も聞こえてくる、「イエス」という男性の声に驚き、目を覚まします。この声の主は、一体誰なのでしょうか?翌日、屋敷では、パリッシュの長女・アリソン(マーシャ・ゲイ・ハーデン)と夫のクインス(ジェフリー・タンバー)が中心となって、パリッシュのバースデーパーティーの準備が進められていました。会場は大海原がよく見える、この屋敷の庭で、なんと、大統領が出席する事になっていました。しかし、準備は少々遅れ気味で、アリソンは焦っていました。一方、パリッシュは、自身が社長を務める会社に出勤するため、アパートで暮らしている次女で、内科の研修医のスーザン(クレア・フォラーニ)、スーザンの交際相手で、パリッシュの会社に勤務するドリュー(ジェイク・ウェイバー)と一緒に、ヘリコプターに乗り込みます。その途中、パリッシュの耳に、再び同じ男性の声が聞こえてきます。「足が地につかぬ想い。」、「恋に酔い、我知らず、歌い踊る気持ち。」…。聞こえるままに言葉を口にするパリッシュに、スーザンたちは心配しますが、パリッシュは「独り言だ」と、誤魔化します。

ジョー・ブラックをよろしく [Blu-ray] - ブラッド・ピット, アンソニー・ホプキンス, クレア・フォーラニ, マーティン・ブレスト
ジョー・ブラックをよろしく [Blu-ray] - ブラッド・ピット, アンソニー・ホプキンス, クレア・フォーラニ, マーティン・ブレスト

その後、スーザンは、病院に出勤するため、パリッシュたちと別れ、1軒のカフェに入ります。カフェでは、ある若い男性客(ブラッド・ピット)が公衆電話で話をしていました。スーザンは席に座り、しばらくすると、男性客も電話を切って、スーザンの近くの席に座ります。男性客は、公衆電話で話していた時の声が大きかった事を詫びます。それに対して、スーザンは「話の内容が面白かったから。」と、男性客を気遣います。会話は、終始、男性客のペースで進みました。男性客は、初対面であるスーザンに自身の妹の失恋話をしたり、スーザンの仕事の話を上手く引き出したりと、実にコミュニケーションに長けていました。

ジョー・ブラックをよろしく(吹替版) - ブラッド・ピット, アンソニー・ホプキンス, クレア・フォラーニ, ジェイク・ウェバー, マルシア・ゲイ・ハーデン, ジェフリー・タンバー, マーティン・ブレスト, ロナルド・L・シュワリー, ケヴィン・ウェイド, ボー・ゴールドマン, マーティン・ブレスト
ジョー・ブラックをよろしく(吹替版) - ブラッド・ピット, アンソニー・ホプキンス, クレア・フォラーニ, ジェイク・ウェバー, マルシア・ゲイ・ハーデン, ジェフリー・タンバー, マーティン・ブレスト, ロナルド・L・シュワリー, ケヴィン・ウェイド, ボー・ゴールドマン, マーティン・ブレスト

一方、パリッシュは、会社の会議室で秘書やドリューとの軽い打ち合わせを済ませ、社長室へ移動します。しかし、デスクに書類を置いた次の瞬間、突然、心臓発作が起こります。この時、パリッシュの耳に、再び「イエス」と聞こえてきます。パリッシュは、心臓の痛みに耐えながら、「イエス」の意味を問います。すると、「質問の答えが『イエス』だ。」と、答えが返ってきます。しかし、パリッシュは、この答えの意味を理解できません。すると、今度は、「努力する事が生きる事だ。」と、声が聞こえてきます。「君は、この場の主導権を握ろうとしている。いくら、君でも、それだけは無理だろう。」心臓の痛みに苦しむパリッシュは、まるで神から罰を与えられているようです。しかし、「許そう。今日はな。」と、いう声がすると、心臓の痛みは急に止まるのでした。

ジョー・ブラックをよろしく (字幕版) - ブラッド・ピット, アンソニー・ホプキンス, クレア・フォーラニ, マーティン・ブレスト, ロナルド・L・シュワリー, ジェフ・レノ, ケヴィン・ウェイド, ボー・ゴールドマン, マーティン・ブレスト
ジョー・ブラックをよろしく (字幕版) - ブラッド・ピット, アンソニー・ホプキンス, クレア・フォーラニ, マーティン・ブレスト, ロナルド・L・シュワリー, ジェフ・レノ, ケヴィン・ウェイド, ボー・ゴールドマン, マーティン・ブレスト

同じ頃、スーザンは、まだカフェで男性客の話を聞いていました。男性客は、将来の結婚生活をあれこれと想像していました。しばらくして、2人はようやくカフェを出ます。2人は、すっかり意気投合していました。2人は、お互いに別れの挨拶をして、それぞれ別の方角へ歩いていくのですが、2人共、何度も何度も名残惜しそうに、後ろを振り返ります。しかし、スーザンの姿が見えなくなったその時、男性客は横断歩道で車に轢かれ、命を落としてしまいます。



その日の夜、仕事から帰宅したパリッシュは、アリソンから相談を持ちかけられ、話し合っていました。パリッシュは、朝、心臓発作が起こった時の事が頭から離れずにいました。そんな時、パリッシュの耳に、また、「イエス。」という声が聞こえてきます。しかも、今度は、既に玄関に来ているといいます。パリッシュは、メイドのリリアンに、玄関に誰か来ているかどうかを確かめさせます。リリアンが玄関に行ってみると、やはり、人の気配がしました。パリッシュは、リリアンに、その人物を図書室に案内するよう、頼みます。しかし、この時、パリッシュを訪ねてきたのは、人間ではありませんでした。実は、パリッシュを訪ねてきたのは、死んだはずのあの男性客の体を奪った死神でした。死神は、パリッシュを迎えに来たのです。しかし、死神は、パリッシュを連れていく前に、人間の世界を案内してもらおうと考えていました。

アリサン ピーナッツバタークランチ 454g
アリサン ピーナッツバタークランチ 454g

パリッシュは、死神と一緒に食卓に戻ります。食卓へ戻る途中、パリッシュは、死神からこう釘を刺されました。もし、自分の名前を尋ねられたら、何も答えてはいけないと。しかし、死神は、食卓に着くと、夕食を食べていたアリソンから早速、名前を尋ねられます。パリッシュは困惑の表情を浮かべ、死神の方を見つめます。すると、死神は、「ジョー」とだけ答えます。しかし、人は名前を知ると、名字も知りたくなるもの。同じく夕食を食べていたドリューから名字を尋ねられると、パリッシュは、何かを思い付いたかのように、「ブラック」と、答えるのでした。



しばらくすると、そこへ、スーザンが夕食を食べに、訪ねてきます。スーザンは、ジョーの顔を見て、驚きます。今朝、知り合ったばかりの彼が、なぜ、こんなところに?スーザンは、ジョーが車に轢かれた瞬間を見ていません。ジョーが亡くなり、その体に死神が乗りうつっている事など、まだ知る由もありません。スーザンは、輪の中に加わり、食べ物を口の中に運びながら、ジョーにあれやこれやと質問をします。しかし、同じ日の朝と全く違って、おとなしい口ぶりのジョーに、スーザンは違和感を覚えます。ジョーは、しばらくの間、パリッシュの屋敷に滞在する事にします。

スマッカーズ ナチュラルクリーミー ピーナッツバター340g
スマッカーズ ナチュラルクリーミー ピーナッツバター340g

夕食後、ジョーは、興味の赴くままに、屋敷の中を歩き回ります。やがて、ジョーは、厨房に辿り着きます。ジョーの気配に気付いた執事は、ジョーに近付き、挨拶をします。そして、ジョーは、執事と同じように挨拶をすると、執事が持っている、プラスチックの容器に入ったピーナッツバターに興味を持ちます。執事がジョーに試食を勧めると、ジョーは、スプーンですくってもらったピーナッツバターを一気に口の中へ入れます。ジョーは、ピーナッツバターの甘みと香りの虜になってしまいました。

アヲハタ ピーナッツクリーム 140g×3個
アヲハタ ピーナッツクリーム 140g×3個

ジョーは、ピーナッツバターがまだ少し残っているスプーンを手に、再び歩き始めます。ジョーが次に辿り着いたのは、広大な面積を誇るプールでした。そこでは、スーザンが一人で泳いでいました。ジョーは、スプーンを舐めながら、スーザンの美しい泳ぎに見入ります。スーザンは、ジョーの姿を見つけると、ジョーが立っている方角へ向かって泳ぎ、プールサイドに上がります。スーザンは、今朝知り合ったばかりのジョーが、たった一日で、自分たち家族との距離をこんなにも縮めたのが不思議でなりません。今のジョーの振る舞いは、今朝カフェで喋っていた時とはまるで別人のようで、非常に不思議です。スーザンは、ジョーが一体何者なのかが分からなくなります。ジョーは、そんなスーザンに「友達になりたい。」と、言い出します。スーザンは、…。



この映画は、ジョーを演じたブラッド・ピットにとって、「セブン・イヤーズ・イン・チベット」(1997年)に並ぶ、1990年代の代表作の一つです。実は、この映画は、「明日なき抱擁」(1934年)のリメイクなのですが、リメイクである事がとても信じられず、ピットのための当て書きとしか思えませんでした。スーザンが訪れたカフェの男性客としてこの映画に登場した時から、ピットの存在感はとても大きかったです。ピーナッツパターを口にする時の表情も実にチャーミングで、スーザンを魅了する時の微笑みも素敵で、ピットは、この往年の映画を見事に自分のものにしていました。



メガホンを取ったのは、マーティン・ブレスト監督。これまで、ブレスト監督は、「ビバリーヒルズ・コップ」(1984年)、「ミッドナイト・ラン」(1988年)、「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」(1992年)と、コミカルなものからシリアスなものまで、幅広く手掛けていますが、代表作は、やはり今回ご紹介しているこの映画ではないでしょうか?



この映画の上映時間は、約3時間に及びます。最初の約1時間はテンポよく展開しますが、出演者の台詞回しがどれも物静かなので、次第に中だるみを感じるようになります。しかし、ちょうど折り返しのところで、物語は急展開を迎えます。そして、その先にあるクライマックスは、非常に見応えがあります。それは、パリッシュのバースデーパーティーのシーンなのですが、約3時間に及ぶ上映時間の中でも、ゴージャスの極みと言えます。どのタキシードも、どのドレスも、オーケストラのメンバーの衣装も、彼らの奏でる音色も、打ち上げ花火の色合いも、本当にうっとりするものばかりなのです。私は、ある程度の年齢の大人になって、初めてその世界観を理解できるのではないかと思いました。もし、ご興味があれば、ぜひこの映画をご覧になって、このクライマックスのムードに浸ってはいかがでしょうか?

ジョー・ブラックをよろしく [DVD] - ブラッド・ピット, アンソニー・ホプキンス, クレア・フォーラニ, マーティン・ブレスト
ジョー・ブラックをよろしく [DVD] - ブラッド・ピット, アンソニー・ホプキンス, クレア・フォーラニ, マーティン・ブレスト

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント