アジョシ(2010年 韓国)

アジョシ スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] - ウォンビン, キム・セロン, キム・ヒウォン, キム・ソンオ, キム・テフン, イ・ジョンボム
アジョシ スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] - ウォンビン, キム・セロン, キム・ヒウォン, キム・ソンオ, キム・テフン, イ・ジョンボム

韓国・ソウル。ある日の夜、1軒の小さなバーの前に1台の車が止まっています。車の中では、数人のカジュアルな服装の男性が静かに突撃のタイミングを窺っていました。彼らは、2か月に及んだ張り込みをようやく終えようとしており、まさに正念場を迎えていました。そして、遂に、そのタイミングが訪れると、彼らは一気にバーに突入していきます。しかし、肝心のターゲットとなる人物は、金品をもって逃げてしまいました。

アジョシ スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray] - ウォンビン, キム・セロン, キム・ヒウォン, キム・ソンオ, キム・テフン, イ・ジョンボム
アジョシ スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray] - ウォンビン, キム・セロン, キム・ヒウォン, キム・ソンオ, キム・テフン, イ・ジョンボム

翌朝、質屋を営む男性チャ・テシク(ウォンビン)が、市場での買い物を終えて、アパートに帰ってきます。テシクを出迎えたのは、テシクの隣の部屋に住む幼い少女・ソミ(キム・セロン)でした。普段、ソミは、テシクの事を、親しみを込めて「アジョシ(おじさん)」と呼んでいました。ソミは、知っていました。テシクが、悪い事をして、隠れるように暮らしているのだと。

アジョシ(字幕版) - ウォンビン, キム・セロン, イ・ジョンボム, パク・ジョンリュル, n/a, n/a
アジョシ(字幕版) - ウォンビン, キム・セロン, イ・ジョンボム, パク・ジョンリュル, n/a, n/a

ソミにとって身の周りの大人といえば、テシクと、ソミの母で、あの男性たちが突入した小さなバーでダンサーとして働くヒョジョンしかいませんでした。ヒョジョンも、テシクと同様、悪い事をして、隠れるように暮らしていました。ヒョジョンは、バーに突入した男性のうちの誰かがいきなり部屋に乗り込んでくると、「金品はどこだ?」と脅され、ひたすら暴力に耐え続けると、今度は、自ら腕にドラッグを注射していました。ソミにとって、ドラッグが我が母の体内に入り、母が奇声を上げている姿は、見るに堪えませんでした。ソミは、このような場面に遭遇する度に、テシクの部屋に避難し、テシクに子どもらしく甘えていました。

アジョシ(吹替版) - ウォンビン, キム・セロン, イ・ジョンボム, パク・ジョンリュル, n/a, n/a
アジョシ(吹替版) - ウォンビン, キム・セロン, イ・ジョンボム, パク・ジョンリュル, n/a, n/a

ある日、テシクは、バスに乗って、ある場所へ向かいます。ある場所とは、納骨堂でした。そこには、2006年に若くして亡くなった、テシクにとって掛け替えのない存在の女性キム・ヨンスの遺骨が納められています。テシクは、ヨンスの遺骨が納められている場所に着くと、骨壺の隣に飾ってある、在りし日のヨンスの写真を、ただ黙って見つめていました。

ウォンビン オフィシャル・プレミアムBOX [DVD] - ウォンビン, ウォンビン
ウォンビン オフィシャル・プレミアムBOX [DVD] - ウォンビン, ウォンビン

その後、テシクは、納骨堂からの帰りに、ソミが一人の少年とその母親、そして、警察官に囲まれているのを見かけます。ソミは、少年のカバンを盗んだのではないかと疑われ、さらに、その少年に怪我もさせていました。少年の母親は、ヒョジョンの携帯番号を聞き出そうとしますが、ソミが無言を貫いたため、警察官の制止を振り切って、ソミの頭を容赦なく叩きます。ソミは、「カバンが私のものかどうか、確かめたかっただけです。」と言い訳します。警察官から「ママはいないの?」と尋ねられると、ソミは目の前にテシクがいるのを見つけ、指を差します。警察官が、「パパなの?」と尋ねると、ソミはあっさりと頷きます。警察官は、テシクに近付こうとしますが、テシクは、何も言わずに立ち去ってしまいます。



その日の夜、テシクは、ソミに真相を問いただします。あの時、ソミは悲しいと感じていました。テシクが、何も言わずに立ち去ってしまったからです。しかし、だからと言って、ソミは、テシクを嫌いになる事はできません。もし、テシクを嫌いになってしまったら、ソミが頼れる大人がとうとういなくなってしまうからです。実は、あの時、ソミが黙っていたのは、ヒョジョンの教えを守ったためでした。ソミは、「迷子になったら、『住所と電話番号を知らない』と言いなさい。」と、ヒョジョンからよく言い聞かされていたのです。ソミは、言葉を詰まらせながら、言いたい事を全て言い終えると、夜の暗闇の中をたった一人で帰っていきました。



ソミが帰宅すると、目の前に信じ難い光景が飛び込んできました。ヒョジョンが、口をテープでふさがれ、胴体をロープで巻かれ他状態で、必死に何かを叫んでいたのです。ヒョジョンの隣には、一人の若い男性が、不敵な笑みを浮かべて、ソミを見つめていました。ソミは、あまりの衝撃に体が固まってしまいます。すると、背後から用心棒のベトナム人男性ラム・ロワン(タナーヨング・ウォンタクーン)が現れ、両目をふさがれてしまいます。その間、ヒョジョンは、熱風が出ているドライヤーの先端を太ももにしっかりと付けられ、熱風の温度の高さに耐え切れず、絶叫していました。



同じ頃、テシクの部屋にも魔の手が忍び寄ります。テシクに近付いたのは、バーでの張り込みに失敗した男性のうちの一人でした。テシクは、ターゲットだった人物から金品を奪い取るのに協力してほしいと頼まれたのです。金品を欲しているのは、男性たちを束ねるオ社長(ソン・ヨンチャン)でした。テシクは、毅然とした態度でこれを断りますが、この男性の他にも、電話でしつこく協力を迫る人物が現れます。しかも、電話の相手の背後から、ヒョジョンやソミの声も聞こえてきます。まさかの事態に、テシクは居ても立っても居られなくなり、急いでアパートの外に出ます。そこには、1台の車がありました。後部座席には、ソミが進行方向とは逆の方を向いて、座っていました。ソミは、必死の形相で追いかけてくるテシクを見ながら、助けを求めますが…。



全身黒づくめのスーツに身を包み、瞬き一つせず、ミステリアスな雰囲気を醸し出すやや長髪のテシク。この後、テシクの悲しい過去が徐々に明らかになってきます。テシクがどういう職業に就いていたのか、納骨堂に遺骨が納められているヨンスは、テシクとどういう関係にあった人物なのか、ヨンスの身に何が起こって、命を落としてしまったのか…。



「アジョシ」は、「泣く男」(2014年)で知られるイ・ジョンボム監督が、脚本を手掛け、メガホンをとりました。2010年に、韓国で630万人を動員し、この年の興行成績No.1に輝きました。また、韓国には、大鐘賞(てじょんしょう)といって、アカデミー賞級の影響力を持つ賞があるのですが、「アジョシ」は、2010年に第47回大鐘賞で、主演男優賞、人気男優賞(どちらも、テシク役のウォンビンに)、視覚技術賞、編集賞の計4部門を制覇しました。



主人公・テシクを演じたのは、ペ・ヨンジュン、イ・ビョンホン、チャン・ドンゴンと並ぶ韓流四天王の一人・ウォンビン。「アジョシ」は、ウォンビンにとって、初の単独主演映画となりました。テシクの真面目さとテシク自身が歩んできた半生とがこれでもかと溢れ出る、物語の後半での熱演は、必見です。ウォンビンの他の代表作には、テレビドラマ「秋の童話」(2000年)、映画「母なる証明」(2009年)があります。因みに、「母なる証明」でメガホンをとったのは、「パラサイト 半地下の家族」(2019年)のポン・ジュノ監督です。



テシクの隣人・ソミを演じたのは、キム・セロン。「冬の小鳥」(2009年)で知られる天才子役です。「アジョシ」では、闇世界に暮らし、常に身の危険に怯えながらも、ウォンビン演じるテシクとの絆を笑顔で深めていく様子が、とても印象に残りました。また、詳しく述べる事はできませんが、クライマックスの直後の涙の演技も要チェックです。



物語の後半になると、残酷極まりないアクションシーンの数々が登場します。テシクを演じたウォンビンは、ほぼスタントマンに頼らずに演じたそうです。テシクが過去に就いた職業をよく知った上でこれらのシーンを観ると、テシクが背負う過去のあまりの重々しさに、胸が締め付けられるような想いがするのではないでしょうか。アクションシーンというのは、演じる人の動きのキレの良さだけが魅力ではない事を教えていただきました。

アジョシ スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] - ウォンビン, キム・セロン, キム・ヒウォン, キム・ソンオ, キム・テフン, イ・ジョンボム
アジョシ スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] - ウォンビン, キム・セロン, キム・ヒウォン, キム・ソンオ, キム・テフン, イ・ジョンボム


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント