神様の思し召し(2015年 イタリア)

神様の思し召し [DVD] - マルコ・ジャリーニ, アレッサンドロ・ガスマン, ラウラ・モランテ, イラリア・スパダ, エドアルド・ペーシェ, エンリコ・オティケル, エドアルド・ファルコーネ
神様の思し召し [DVD] - マルコ・ジャリーニ, アレッサンドロ・ガスマン, ラウラ・モランテ, イラリア・スパダ, エドアルド・ペーシェ, エンリコ・オティケル, エドアルド・ファルコーネ

心臓外科の名医として知られているトンマーゾ(マルコ・ジャリーニ)は、ある日、冠動脈口の手術を見事に成功させます。手術後すぐに患者の家族の元へ行き、穏やかな口調で報告するトンマーゾ。さぞや、医師として優秀なだけでなく、人格も素晴らしいのかと思いきや、実はそうではありません。実は、トンマーゾは、傲慢な性格。患者やその家族には優しいのですが、医療スタッフには、容赦なく毒を吐く癖があり、医療スタッフの誰からも煙たがられていたのです。

神様の思し召し(字幕版) - マルコ・ジャリーニ, アレッサンドロ・ガスマン, ラウラ・モランテ, イラリア・スパダ, エドアルド・ペーシェ, エンリコ・オティケル, エドアルド・ファルコーネ, エドアルド・ファルコーネ, マルコ・マルターニ
神様の思し召し(字幕版) - マルコ・ジャリーニ, アレッサンドロ・ガスマン, ラウラ・モランテ, イラリア・スパダ, エドアルド・ペーシェ, エンリコ・オティケル, エドアルド・ファルコーネ, エドアルド・ファルコーネ, マルコ・マルターニ

夜になり、トンマーゾは、家族の待つ自宅に戻ります。妻・カルラ(ラウラ・モランテ)は、アフリカ人の孤児を何人も養子に迎えてきた、とても優しい女性。息子のアンドレア(エンリコ・オティケル)は、大学の医学部に在籍する学生で、カルラに似て、とても優しい性格です。しかし、娘のビアンカ(イラリア・スパーダ)は、人への思いやりに欠けるところがありました。例えば、ビアンカがリビングルームでテレビの通販番組を観ていた時に、カルラがたまたま用事があってそこへ入ってきた事があったのですが、ビアンカは、「(テレビを観るのを)邪魔された」と、カルラの事を一方的に悪く思い込んだ事がありました。また、ビアンカには、ジャンニ(エドアルド・ペーシェ)という、不動産会社で働く夫がいるのですが、ジャンニは、トンマーゾ以上に毒を吐く癖がありました。例えば、カルラが新たに迎えた養子の話をジャンニにした時、ジャンニは、「気の毒に。孤児でブサイクとは。」と、養子の悪口を平気で言ってしまいました。

「イタリアの最も美しい村」全踏破の旅 - 吉村 和敏
「イタリアの最も美しい村」全踏破の旅 - 吉村 和敏

この日、トンマーゾの家では、一家全員が集まり、夕食を囲みました。食事中、一家は、アンドレアが呼吸器疾患の勉強についていけない事、ジャンニが超難あり物件を売って見せた事などを語り合っていました。すると、そこへアンドレアの友人・フリオが訪ねてきます。フリオは、毎晩のように、アンドレアに会いに来ていました。この日も会いにやって来たフリオは、「親には話した?」と、アンドレアに何かを確かめます。それに対して、アンドレアは、「まだなんだ。」と、申し訳なさそうに答えます。この時、食卓にトンマーゾの姿はありませんでした。トンマーゾは、自宅の屋上から2人のやり取りを見つめていたのです。

美しき秘密のイタリアへ―――51の世界遺産と小さな村 (地球の歩き方Books) - 森田 健一
美しき秘密のイタリアへ―――51の世界遺産と小さな村 (地球の歩き方Books) - 森田 健一

翌日、アンドレアは、家族全員に、「夜になったら、自宅に集まってほしい。」と、伝えます。トンマーゾは、昨晩のアンドレアとフリオのやり取りを見て、アンドレアがゲイである事を告白するのだと思い、そう伝えたのです。実は、トンマーゾは、事前にビアンカとジャンニの元を訪ねて、ジャンニが毒を吐かないよう、釘を刺していました。ビアンカは、トンマーゾの話を聞き、少々驚きの声を上げましたが、「吉報よ。」と、前向きに受け止めました。しかし、ジャンニは、「俺なら、耐えられん。」だの、「これは、病気だぞ。」だのと、早速、毒を吐くのでした。

前沢淑子写真集 イタリア・くらしのうた (Izumi Books) - 淑子, 前沢
前沢淑子写真集 イタリア・くらしのうた (Izumi Books) - 淑子, 前沢

夜、トンマーゾ、カルラ、ビアンカ、ジャンニ、そして、15年間、一家の家政婦として働いているクセニアの計5人が、アンドレアの告白に、耳を傾けます。アンドレアは、興奮気味にこう告白します。「神学校に入って、聖職者になるよ。」アンドレアは、ずっと、虚しい人生を送ってきて、自分自身に何が足りないのかを考えてきた結果、この結論に至ったというのです。てっきり、アンドレアがゲイを告白するものと思っていた一同は、まさかの展開に、言葉を失ってしまいます。アンドレアが部屋を出た後、トンマーゾは、アンドレアの決断に激怒します。実は、トンマーゾは、普段、神の存在を信じておらず、神父という職業を、「時代錯誤の仕事だ。」と、決めつけていたのです。

ローマ: ヨーロッパ写真集 Vol.1 - 桐一葉
ローマ: ヨーロッパ写真集 Vol.1 - 桐一葉

翌朝になっても、トンマーゾの怒りは収まらず、カルラやクセニアに八つ当たりします。しかし、トンマーゾは、家族以外の人々には今の気持ちを知られたくありませんでした。もし、自分自身が息子の夢に反対する父親だと思われたら、印象が悪くなってしまうからです。トンマーゾは、アンドレアが神学校に入学するのを、あくまでやんわりと阻止するため、「君が言え。」と、自身が担うべき役割をカルラに丸投げします。カルラは、その場で納得できませんでしたが、結局、トンマーゾの頼み通りに説得を試みる事にします。それでも、アンドレアの決意は全く揺らぎませんでした。

やはりイタリアは美しかった! イタリア写真集 ミラノ、ベネチア。 - 松本周一
やはりイタリアは美しかった! イタリア写真集 ミラノ、ベネチア。 - 松本周一

夕方、トンマーゾが帰宅すると、アンドレアは、熱心に福音書を朗読していました。トンマーゾは、ビアンカの元へ相談をしに行きますが、ビアンカはテレビに夢中になっていて、相談に乗ってくれそうにありませんでした。トンマーゾが次に訪れたのは、ジャンニが働く不動産会社でした。ジャンニがトンマーゾを出迎えると、トンマーゾは、早速、本題に入ります。トンマーゾから大まかに話を聞いたジャンニは、アンドレアが、以前から、ローマ教皇や、神父、キリスト降誕、修道女などに興味を抱いていたかどうかを、トンマーゾに尋ねます。トンマーゾは、首を横に振るばかり。ジャンニは、「アンドレアがこうなったのは、悪い仲間の誘いだ。」と、アンドレアの決意を疑います。

イタリアの猫 (新潮文庫) - 岩合 光昭
イタリアの猫 (新潮文庫) - 岩合 光昭

夜、トンマーゾは、ジャンニの運転するバイクに乗り、ある場所へ向かいます。ある場所とは、アンドレアが足しげく通う教会でした。教会の中は、小さな円形劇場のような造りになっていて、大勢の若者が、中央のステージを囲むように好きな場所に座り、ある人物を待っていました。しばらくすると、その人物が現れ、若者たちに大きな拍手で出迎えられます。その人物の名は、ピエトロ神父(アレッサンドロ・ガスマン)。大きな手振りを交えて、早口で説教を行うという、派手なパフォーマンスで、若者たちに人気がありました。この時、ジャンニは、確信します。アンドレアは、ピエトロ神父に洗脳されていると。トンマーゾも、同じように確信します。そして、トンマーゾは、アンドレアを救うために、ピエトロ神父に対決を挑むのですが…。



この映画でメガホンを取ったのは、エドアルド・ファルコーネ監督。ファルコーネ監督は、この映画で、監督デビューしました。ファルコーネ監督は、イタリア・ローマ出身。これまで、イタリアで脚本家として活躍してきました。ファルコーネ監督が執筆する脚本の特徴は、ただ笑わせるだけのコメディーではない事。ただ観る者を笑わせるだけでなく、物語自体に深みを与える事で知られているのです。



この映画が本国イタリアで公開されたのは、2015年6月でした。ポジティブな意見が多く出た一方で、「カトリックを冒とくした映画」、「バチカンからお金を貰っているのでは?」といった批評もあったそうなのですが、結果的にロングランヒットを記録しました。そして、同年に開催された第28回東京国際映画祭で上映され、観客賞を受賞しました。



トンマーゾ役は、「赤いアモーレ」(2004年)のマルコ・ジャリーニ。優秀な仕事ぶりと、プライベートでの傲慢な姿とのギャップが凄くて、面白いです。アンドレアをピエトロ神父から切り離そうと奮闘する時の真面目さは、もっと面白いですよ。本人はいたって真面目に行動していると思うのですが、どうしてもクスクスと笑ってしまいます。また、ピエトロ神父役は、「ローマ、恋のビフォーアフター」(2011年)のアレッサンドロ・ガスマン。最初から胡散臭い雰囲気たっぷりの宗教家ぶりですが、物語の後半で、胡散臭さに拍車をかけるような、とんでもない過去が発覚します。こんな両者の関係性は、一体どうなってしまうのでしょうか?

神様の思し召し [DVD] - マルコ・ジャリーニ, アレッサンドロ・ガスマン, ラウラ・モランテ, イラリア・スパダ, エドアルド・ペーシェ, エンリコ・オティケル, エドアルド・ファルコーネ
神様の思し召し [DVD] - マルコ・ジャリーニ, アレッサンドロ・ガスマン, ラウラ・モランテ, イラリア・スパダ, エドアルド・ペーシェ, エンリコ・オティケル, エドアルド・ファルコーネ

"神様の思し召し(2015年 イタリア)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: