恋人たちの予感(1989年 アメリカ)

恋人たちの予感<特別編> [DVD] - ビリー・クリスタル, メグ・ライアン, キャリー・フィッシャー, ブルーノ・カービィ, ロブ・ライナー
恋人たちの予感<特別編> [DVD] - ビリー・クリスタル, メグ・ライアン, キャリー・フィッシャー, ブルーノ・カービィ, ロブ・ライナー

ある高齢の夫婦が、自分たちの馴れ初めについて語っています。2人の出会いは、今から遡る事50年前。夫は、当時の事をこう振り返ります。「あれは、友達のアーサー・コンブルムとカフェテリアに座っていた時だった。この美しい子が入ってきて…。」美しい子とは、隣に座っている妻の事です。夫は、アーサーに言いました。「あの子を見ろ。僕は彼女と結婚するぞ。」夫は、初めて妻の姿を見た時から、後に夫婦になる予感がしました。そして、わずか2週間後に、2人は結婚。結婚から50年の歳月が経った今でも、2人は仲の良い夫婦です。

恋人たちの予感 [Blu-ray] - ビリー・クリスタル, メグ・ライアン, キャリー・フィッシャー, ブルーノ・カービィ, ロブ・ライナー
恋人たちの予感 [Blu-ray] - ビリー・クリスタル, メグ・ライアン, キャリー・フィッシャー, ブルーノ・カービィ, ロブ・ライナー

1977年、シカゴ大学。キャンパスの中で、一組のカップルが白昼堂々と濃厚なキスを交わしていると、1台の黄色い車が通り掛かります。この車を運転するサリー(メグ・ライアン)は、その様子を目撃してしまいます。そして、彼氏がいない自分が嫌になって、大きくため息をつき、わざと何度か咳ばらいをします。先にこの咳払いに気付いたのは、女性の方でした。この女性の名は、アマンダ(ミシェル・ニカストロ)。サリーの親友です。アマンダは、慌ててキスを止め、「ハリー・バーンズ(ビリー・クリスタル)よ。」と、彼氏を紹介します。ハリーは、大きな荷物を抱えていました。実は、ハリーは、シカゴ大学を卒業したばかりで、ニューヨークに移り住む事になっていました。この日、ハリーは、このキャンパスの中で、同じくシカゴ大学を卒業したばかりのサリーと待ち合わせ、彼女の運転する車に荷物を詰めて、ニューヨークへ移動する事になっていたのです。ハリーは、サリーに挨拶をすると、荷物を車のトランクに詰めて、助手席に乗ります。

恋人たちの予感 (吹替版) - ビリー・クリスタル, メグ・ライアン, キャリー・フィッシャー, ブルーノ・カービィ, ロブ・ライナー
恋人たちの予感 (吹替版) - ビリー・クリスタル, メグ・ライアン, キャリー・フィッシャー, ブルーノ・カービィ, ロブ・ライナー

車は、シカゴ大学のキャンパスを出て、一路ニューヨークに向かいます。ニューヨークまでは、なんと、18時間もかかるため、3時間ごとに運転を交代しなければなりません。ハリーは、暇つぶしに、持参したブドウを食べながら、サリーの人生話を聞こうとします。しかし、サリーは、話のネタがあまりないため、「5分で話しが尽きるわ。人生は、これからよ。」と、消極的な返事をします。実は、サリーは、これからニューヨークでジャーナリズムを学ぶ事になっていました。しかし、ハリーは、これから人生を謳歌しようとしているサリーの希望を削ぐような言葉をかけます。「一生何も起こらず、仕事も、友達もできず、孤独に死んで、2週間後に死体が臭う事になったら?」これがきっかけで、両者の会話は、ちょっとした口喧嘩に発展します。サリーは、ハリーが暗い人である事をアマンダから聞いていましたが、ここまで暗い人だとは思っていませんでした。

恋人たちの予感 (字幕版) - ビリー・クリスタル, メグ・ライアン, キャリー・フィッシャー, ブルーノ・カービィ, ロブ・ライナー
恋人たちの予感 (字幕版) - ビリー・クリスタル, メグ・ライアン, キャリー・フィッシャー, ブルーノ・カービィ, ロブ・ライナー

やがて、日が暮れて、2人は1軒のレストランに着きます。口喧嘩はまだ終わっておらず、話題は、サリーの孤独死の可能性から、サリーの性交渉の経験に代わっていました。ハリーがサリーの経験の乏しさを勝手に決め付けると、サリーは必死になって反論します。レストランの入り口で、周囲にいた客たちが口喧嘩の内容に驚いても、自分たちが席に座っても、口喧嘩が終わる気配はありませんでした。



しかし、口喧嘩は、ハリーがようやく謝る事で決着が付きます。ハリーは、レストランの隣のモーテルに宿泊する事を提案します。しかし、サリーは、親友の彼氏と二人きりで宿泊するのだと思うと、躊躇してしまいます。結局、2人は、モーテルには宿泊せず、サリーはそのまま運転を続けます。翌朝、2人は、ついにニューヨークに到着します。目的地まで来ると、ハリーは、トランクから荷物を下ろし、サリーの元から去っていくのでした。



5年後、サリーは思わぬ形でハリーと再会します。空港のロビーで、彼氏のジョー(スティーブン・フォード)と濃厚なキスを交わしている時に、ハリーが偶然通りかかったのです。ハリーは、親友であるジョーの姿に気付くと、笑顔で挨拶をします。ジョーは笑顔でそれに応じますが、隣にいたサリーは、何とも気まずい表情をします。「今は弁護士をしている。」と、近況を話すジョーに対し、ハリーは「政治コンサルタント会社に勤務している。」と、こちらも近況を話します。そして、ジョーは、ハリーにサリーを紹介しますが、ハリーも、サリーも、複雑な表情を浮かべながら、初対面のふりをします。ハリーが去った後、サリーの脳裏には、5年前のあの最悪なドライブの記憶が蘇ってくるのでした。



その後、サリーは飛行機に搭乗します。サリーの座席の後ろには、なんと、ハリーが座っていました。ハリーは、サリーの姿に気付くと、ゆっくりと顔を近付けます。「大学はシカゴ大学?」、「大学時代も美人だった?」、「あの頃、僕と…。」ハリーは、サリーに、何とも気味の悪い印象を与えるような質問を次々にぶつけます。当然、サリーは、嫌悪感を露わにしますが、サリーの隣に座っていた男性がハリーに気を遣い、座席を代わる事を提案すると、ハリーは、喜んでサリーの隣に移動します。



ハリーは、この5年の間に、アマンダと別れていました。ハリーは、サリーにアマンダの近況を聞き出そうとします。しかし、サリーも、最近はアマンダに会っていませんでした。次に、ハリーは、サリーの近況を尋ねます。サリーは、ニューヨークの「ニュース」紙の記者になっていました。すると、今度は、サリーがジョーと付き合い始めたのがいつなのかを言い当てようとします。「(付き合い始めて)3週目?」と尋ねるハリーに、サリーは「1か月よ。」と、答え、なぜ分かったのかを尋ねます。ハリーには、「付き合い始めたばかりのカップルは、相手が飛行機に搭乗する時に必ず空港へ送りに来るもの。」という持論があり、確信をもって、そう尋ねたのです。そんなハリーは、弁護士のヘレン・ヒルソン(ハーレイ・ジェーン・コザック)との結婚を控えていました。サリーは、まさかハリーが結婚できるとは夢にも思っていなかったため、思わず笑ってしまいます。しかし、ヘレンには結婚の意志がなく、むしろ、ハリーと距離を取りたいと考えていました。ヘレンは、なんと、税理士の男性と恋仲になり、同棲を始めるつもりでいたのです。



6年後、サリーは、ジョーと別れていました。最初は、サリーも、ジョーも、同棲の意志はありましたが、結婚の意志はありませんでした。結婚すると男女関係が崩れ、セックスレスになってしまうからです。しかし、サリーは、ある日、親友・アリス(リサ・ジェーン・パースキー)の娘と外出した時に、仲睦まじい父親と娘の姿を見た事がきっかけで、結婚の意志が芽生え、ジョーと別れる決意をしたのです。ある日、サリーは、親友・マリー(キャリー・フィッシャー)と一緒に、ニューヨークの大型書店を訪れます。サリーがマリーと一緒に本の立ち読みをしていると、2人の目の前に、偶然、ハリーが現れます。ハリーは既に結婚していましたが、間もなく離婚が成立するところでした…。



サリーを演じたのは、メグ・ライアン。ライアンは、1986年に「トップガン」に出演し、注目を浴びていましたが、1989年に「恋人たちの予感」に出演した事がきっかけで、「ロマンティック・コメディの女王」と呼ばれるようになり、「めぐり逢えたら」(1993年)、「ユー・ガット・メール」(1998年)、「ニューヨークの恋人」(2001年)と、次々に代表作が誕生しました。また、ハリーを演じたのは、スタンダップ・コメディアンで俳優のビリー・クリスタル。「シティ・スリッカーズ」(1991年)、「アナライズ・ミー」(1999年)等のコメディー映画で活躍していますが、「モンスターズ・インク」(2001年)、「カーズ」(2006年)、「モンスターズ・ユニバーシティ」(2013年)等、アニメ映画への声の出演の経験も豊富です。



監督は、「スタンド・バイ・ミー」(1986年)、「ア・フュー・グッドメン」(1992年)、「最高の人生の見つけ方」(2007年)のロブ・ライナー。脚本は、メグ・ライアンと何度もタッグを組んでいるノーラ・エフロン。エフロンは、1990年に、第62回アカデミー賞で、(「恋人たちの予感」で)脚本賞にノミネートされました。また、音楽は、グラミー賞ノミネート及び受賞の経験が豊富で、歌手、ピアニスト、俳優と、多彩な活躍をしている、アメリカ・ニューオーリンズ出身のハリー・コニック・ジュニアが手掛けました。



この映画の原題は、"When Harry Met Sally…"といい、ほぼ、サリーとハリーの二人芝居として物語が繰り広げられます。11年もの長い歳月の中で、ハリーとサリーは偶然の再会を何度も繰り返し、微妙な関係のまま、お互いに恋愛論をぶつけ合います。ただお互いにひたすら論じ合っているのだけなのに、私はそのテンポの良さに、妙に引き込まれてしまいました。そんな2人のテンポが良くなるにつれて、2人の距離は少しずつ縮まっていきます。そして、最初はハリーに対してあんなに嫌悪感を抱いていたサリーがついに…。その後は、ぜひチェックを!

恋人たちの予感<特別編> [DVD] - ビリー・クリスタル, メグ・ライアン, キャリー・フィッシャー, ブルーノ・カービィ, ロブ・ライナー
恋人たちの予感<特別編> [DVD] - ビリー・クリスタル, メグ・ライアン, キャリー・フィッシャー, ブルーノ・カービィ, ロブ・ライナー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント