女と男の観覧車(2017年 アメリカ)

女と男の観覧車 [DVD] - ケイト・ウィンスレット, ジャスティン・ティンバーレイク, ジュノー・テンプル, ウディ・アレン
女と男の観覧車 [DVD] - ケイト・ウィンスレット, ジャスティン・ティンバーレイク, ジュノー・テンプル, ウディ・アレン

1950年代、アメリカ・ニューヨークにある行楽地コニーアイランド。かつて賑わっていたビーチも、1950年代となった今はすっかりさびれています。ニューヨーク大学で演劇を学んでいるミッキー・ルービン(ジャスティン・ティンバーレイク)は、詩が好きで、将来、劇作家になりたいと願っています。ミッキーは、夏の間だけコニーアイランドの7番ベイで監視員として働き、秋になったら、学業に戻る予定でいます。これから、ミッキーが観る者を物語の世界に導いていきます。

女と男の観覧車 [Blu-ray] - ケイト・ウィンスレット, ジャスティン・ティンバーレイク, ジュノー・テンプル, ウディ・アレン
女と男の観覧車 [Blu-ray] - ケイト・ウィンスレット, ジャスティン・ティンバーレイク, ジュノー・テンプル, ウディ・アレン

まず、コニーアイランドのビーチに姿を現したのは、キャロライナ(ジュノー・テンプル)。キャロライナは、青い旅行鞄をぶら下げて、オロオロしています。キャロライナは、ある人物を探していました。その人物とは、ハンプティ・ジャブロン(ジェームズ・ベルーシ)。キャロライナの父親です。キャロライナは、コニーアイランドにある小さな遊園地の中をひたすら歩き、職員らしき男性に声を掛けて、ハンプティの事を知っているかどうかを尋ねます。男性は、キャロライナに有力な情報をくれました。ハンプティは、なんと、この遊園地で、回転木馬の係として働いているというのです。しかも、この日は夜勤の予定だといいます。キャロライナは、さらに、ハンプティの住所も尋ねます。残念ながら、男性はハンプティの住所を知りませんでしたが、ジニー(ケイト・ウィンスレット)に聞く事を勧めました。ジニーは、元女優。今は、ハンプティと結婚し、「ルビーズ」という飲食店で働いています。キャロライナは、ハンプティが再婚していた事を、ここで初めて知ります。そして、キャロライナは、早速、「ルビーズ」へ向かいます。

女と男の観覧車 (字幕版) - ケイト・ウィンスレット/ジャスティン・ティンバーレイク/ジュノー・テンプル/ジム・ベルーシ, ウディ・アレン
女と男の観覧車 (字幕版) - ケイト・ウィンスレット/ジャスティン・ティンバーレイク/ジュノー・テンプル/ジム・ベルーシ, ウディ・アレン

キャロライナは、「ルビーズ」に到着して早々に、ジニーに会う事ができました。ジニーは、空いたばかりのテーブルを忙しそうに拭いていました。キャロライナは、自身の名前を名乗り、ハンプティの娘である事を話しました。すると、テーブルを拭く事に集中していたジニーの手が、ピタッと止まります。「ウソでしょ。」ジニーは、夫・ハンプティと亡き前妻との間に娘がいる事を知ってはいましたが、てっきり親子の縁が切れていたと思っていたのです。ジニーは、ハンプティがキャロライナの姿を見たら、きっと驚くだろうと思いました。キャロライナも、ハンプティに会ったら、きっと怒られるだろうと思いました。



実は、キャロライナは、ある事情で、行く当てがなく、やむを得ず、ハンプティに頼ろうとしていました。ジニーは、キャロライナに正直な気持ちをぶつけます。「(ハンプティとキャロライナは、)てっきり親子の縁が切れていると思っていた。」と。キャロライナは、ジニーに、ハンプティの再婚相手なのかどうかを改めて確かめ、「(ジニーは)想像していたより若いのね。」と、呟くのでした。

Mocmm 大人1000ピースジグソーパズルコニーアイランド観覧車Diyキット木製パズル現代の家の装飾の男の子の女の子ユニークなストレス緩和剤ギフト
Mocmm 大人1000ピースジグソーパズルコニーアイランド観覧車Diyキット木製パズル現代の家の装飾の男の子の女の子ユニークなストレス緩和剤ギフト

ジニーは、キャロライナを「ルビーズ」の2階にある住まいに案内します。住まいは、もともと見世物小屋でしたが、ハンプティが見事に改造してくれました。ジニーは、キャロライナが離れていった後のハンプティについて、少しだけ話をします。ハンプティは、前妻と死別し、キャロライナが自身の元を離れていった後、ニュージャージー州にあるアパートで暮らしていましたが、酒癖が悪いのを理由に追い出されてしまいました。キャロライナは、ジニーの話に耳を傾けたくても、あまりできませんでした。もし、自分がハンプティと再会したら、きっと怒るのだろうという考えが頭の中を駆け巡っていて、ジニーの話に意識を集中させたくても、できないのです。しかし、ハンプティと会うのを止めて、どこか別の場所に行こうにも、所持金がたったの10セント未満では何もできません。



ジニーは、ハンプティと結婚したからといって、結婚生活が完璧に上手く行っているとは思っていませんでした。遊園地の騒音がいつもとても大きく、ドラマーである前夫との間に生まれた息子・リッチー(ジャック・ゴア)は、学校で問題を起こしたり、マッチやガソリンを使った火遊びがクセになったりしていて、ジニーを困らせていました。ジニーは、それらの問題のせいで、しばしば片頭痛に悩まされていました。しかし、ジニーには、経済的なゆとりがなく、引っ越したくても引っ越せませんでした。そんな時、釣りに出掛けていたハンプティが帰ってきます。ヒラメ、カレイ、ワタリガニが獲れて、ご満悦の様子のハンプティ。



しかし、ハンプティは、キャロライナがいる事に気が付くと、急に無言になります。「まさか。」と、言いながら、首を横に振ると、「何しに来た?二度と顔を出すなと言っただろ。」と、キャロライナを追い出そうとします。しかし、今、キャロライナは、「ルビーズ」を離れる訳にはいきません。ハンプティは、キャロライナに対する嫌悪感で、怒りが爆発しそうです。キャロライナは、必死に事情を説明します。「ムリよ。見つかれば殺される。」ジニーは、キャロライナの話を聞くよう、ハンプティを説得します。キャロライナは、ハンプティが自身を拒絶しても、僅かな希望を諦めることなく事情を話し続けます。キャロライナは、今、ある人物に命を狙われていました。キャロライナは、自身の命を守るべく、着替えを持たずに、ある場所から逃げ出して、野宿をしていました。しかし、ハンプティは、キャロライナに同情する気はさらさらありませんでした。なぜなら、キャロライナは、5年前にイタリア人のギャングと結婚したからです。つまり、キャロライナの命を狙っているのは、キャロライナの夫・フランクなのです。



これには、さすがのジニーも身の危険を感じます。自身は勿論の事、リッチーの命も危ないのではないかと。ハンプティは、止めたはずの酒を飲みたいと言い出します。ジニーは、それを強い口調で止め、コーヒーを入れに行きます。ハンプティは、「なぜ、(キャロライナが)ギャングと結婚したのか?」と、嘆きます。キャロライナは、「あの時は20歳で、分別がなかった。」と、言い訳をします。キャロライナは、これまで、警察に何度も何度も相談してきました。「警察に協力しないと、禁固5年だ。」と、警察から脅されもしました。ハンプティは、当時、キャロライナの結婚に反対し続けていましたが、キャロライナに理解してもらえなかった事を、改めて悔しがります。



ハンプティは、同級生か近所の男性、つまり、まともな男性と結婚してほしいと願っていました。ハンプティと前妻は、キャロライナが大学に行けるよう、必死に働きました。けれども、キャロライナは、大学に進学しませんでした。キャロライナがフランクを愛していたからです。ハンプティは、キャロライナの夫の候補として何人かの男性を連れてきましたが、キャロライナから見れば、退屈でサエない男性ばかりでした。ハンプティの前妻は、死の床でキャロライナの将来を案じ、遺言を残していました。「あの男とだけは、駆け落ちするな。」と。しかし、キャロライナは、自身の気持ちを貫いてしまったのです。そして、夜になり、ハンプティは遊園地に出勤するのでした。



ハンプティは、勤務時間が終わって、帰宅します。ジニーは、キャロライナがいつまでいるのかをハンプティに尋ねますが、ハンプティには全く分かりません。ハンプティは、ジニーにある提案をします。キャロライナを、「ルビーズ」でアルバイトさせようと考えたのです。しかし、ジニーは、身の危険が迫った場合を考えると、首を縦に振る訳にはいきません。ジニーは、キャロライナに対して、国外、例えば、メキシコに逃げてほしいと願っていました。ハンプティは、そんなジニーの心配など無用だと考えていました。フランクは、自身とキャロライナの確執をよく知っているから、コニーアイランドに近付いてくるとは、到底考えられないというのです。



ある日、リッチーは、学校の夏の補習をサボり、映画館へ出掛けていました。リッチーの行方が心配で、ずっと探していたジニーは、リッチーが映画館の客席に座り、ポップコーンを食べながら、映画を観ているのを見つけ、隣の席に座ります。リッチーは、ジニーの姿に気付き、「この映画の上映が今日までなんだ。」と、言い訳を始めます。ジニーは、学校から「(リッチーが)また、夏の補習を病欠した。」と、学校から連絡が来た事を知らせます。すると、リッチーは、「学校は嫌い!」と、正直に言いました。ジニーは、「私は、生活のために(『ルビーズ』で)ウェイトレスをしている。」と、人間は誰でも好きな事だけをしている訳ではないという事を諭しますが、リッチーの今の関心事は、観ている映画の内容でした。ジニーは、どうやって、映画のチケット代を支払ったのかをリッチーに尋ねると、ハンプティのポケットからお金を盗んで、それで支払ったと打ち明けられます。リッチーは、ハンプティを父親と認めていないから、こうした盗みが許されると思っていたのです。ジニーは、ハンプティを良い人だと評価していますが、リッチーはそうではありません。以前、ハンプティが酒に酔った時に、ジニーの顔をぶったのを見かけた事があったからです。



ジニーは、一見、家族の事を心配する、真面目な人間のように見えますが、実は、リッチーやハンプティには絶対に明かせない秘密を抱えていました。それは、なんと、ミッキーと不倫をしている事でした。関係が始まったのは、この夏の初めの事。ある薄曇りの日に、ジニーが一人でビーチを歩いていると、雨が降り始めました。ジニーの姿を見かけたミッキーは、ジニーに苦悩の影を感じ取り、傷付いて絶望した姿になぜか惹かれ、そして、思い切って、ジニーに声を掛けたのです…。



監督・脚本は、「アニー・ホール」(1977年)、「マッチポイント」(2005年)、「それでも恋するバルセロナ」(2008年)のウディ・アレン。ウディ・アレンが手掛ける映画は、登場人物のテンポの良い会話が魅力ですが、この映画でも、その魅力は健在です。今回、劇中でたびたび流れるミルズ・ブラザーズの「コニー・アイランド・ウォッシュボード」の軽快なリズムと絡み合う、テンポの良い会話で耳にしたのは、ハンプティ一家をはじめとする登場人物たちの、とても褒められたものではない生活ぶりでした。ただならぬトラブルの数々のバックで流れる「コニー・アイランド・ウォッシュボード」は、リズムが軽快な分、なかなか複雑な気分にさせられました。



複雑な気分にさせられた例として、まず挙げたいのは、ハンプティ。ハンプティは、酒を飲むのを控えていたとはいえ、威圧感のある態度が目に余りました。また、リッチーは、まだ幼いのに、マッチやガソリンへの執着心が凄かったです。リッチーがそうなってしまった理由は、一体何なのでしょうか?そして、ジニーは、ミッキーとの不倫に溺れます。しかも、彼女にとって、不倫はこれが初めてではありませんでした。私は、この映画を観て、ジニーのとんでもない男性遍歴に驚かされると同時に、最初は爽やかなイケメンの狂言回しとして登場したミッキーのまさかの裏の顔にも驚かされました。しかし、ジニーとミッキーの不倫は、意外な展開を迎えるのです。



そして、彼らに加え、ハンプティと前妻の娘・キャロライナは、若くしてギャングと結婚したが故に、とてつもないトラブルに巻き込まれています。キャロライナの命を狙う魔の手は、さすがにコニーアイランドにまで伸びないと考えられていましたが、そうではありませんでした。キャロライナは、まさかの危機を乗り越えられるのでしょうか?

女と男の観覧車 [DVD] - ケイト・ウィンスレット, ジャスティン・ティンバーレイク, ジュノー・テンプル, ウディ・アレン
女と男の観覧車 [DVD] - ケイト・ウィンスレット, ジャスティン・ティンバーレイク, ジュノー・テンプル, ウディ・アレン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント