道(1954年 イタリア)

道 [DVD] - ジュリエッタ・マシーナ, アンソニー・クイン, リチャード・ベイスハート, フェデリコ・フェリーニ
道 [DVD] - ジュリエッタ・マシーナ, アンソニー・クイン, リチャード・ベイスハート, フェデリコ・フェリーニ

「ジェルソミーナ!」広々とした海岸で佇む若い女性・ジェルソミーナ(ジュリエッタ・マシーナ)は、自身の名を呼ぶ妹の声に気付き、大急ぎで家に戻ります。妹は、三輪の大きなバイクに乗って、世界中を回っている芸人・ザンパノ(アンソニー・クイン)が、ジェルソミーナの姉で、これまで自身の手伝いをしてくれていたローザが亡くなった事を伝えにわざわざ訪ねてきたため、母親から「今すぐ家に帰ってきてほしい」とジェルソミーナに伝えるよう、頼まれたのです。

道 Blu-ray - ジュリエッタ・マシーナ, アンソニー・クイン, リチャード・ベイスハート, フェデリコ・フェリーニ
道 Blu-ray - ジュリエッタ・マシーナ, アンソニー・クイン, リチャード・ベイスハート, フェデリコ・フェリーニ

ジェルソミーナたちが家に着くと、ザンパノが、タバコをふかしながら待っていました。既にザンパノからローザの死を聞かされていた母親は、ザンパノの傍で泣いていました。母親は、ジェルソミーナにある事を頼みます。亡くなったローザに代わって、ザンパノと旅に出てもらおうと考えたのです。もし、ジェルソミーナがザンパノと一緒に旅に出たら、ジェルソミーナは、ザンパノから歌や踊りを教わって、上達すればお金を稼ぐ事が出来て、家族も、食いぶちが1人分減って、家計が楽になるので、まさに、言う事なしなのです。ジェルソミーナは、既に大人になっていましたが、まだ働きに出た事がありませんでした。しかし、母親は、ジェルソミーナに対して、不安よりも期待の方が大きくなっていました。さらに、母親は、ザンパノから1万リラ(※リラ:当時のイタリアの通貨単位。)を受け取り、「家計が助かる」と大喜びします。しかし、母親は、急に、ジェルソミーナの父親の死を嘆き始めます。涙ながらに「(ジェルソミーナを)連れていってほしい。」と、頼んでくる母親に、ザンパノは二つ返事で引き受けます。こうして、ジェルソミーナは、ザンパノのバイクに飛び乗り、母親や4人の妹全員に見送られて、ザンパノとの長い旅に出たのです。

ロミオとジュリエット~ベスト・オブ・ニーノ・ロータ - ニーノ・ロータ・グランド・オーケストラ
ロミオとジュリエット~ベスト・オブ・ニーノ・ロータ - ニーノ・ロータ・グランド・オーケストラ

旅先でザンパノが披露する芸は、鋼より強い生鉄(なまがね)で出来た太さ5mmの鎖の留め金を、胸筋だけで飛ばして見せるという、体を張ったものでした。ジェルソミーナは、大勢の人たちが見守る中で、生鉄を胸のあたりに巻きつけて、芸を見事に成功させるザンパノを、バイクの荷台から見つめていました。ザンパノの芸の披露が終わった後、今まで全く料理を作った事がなかったジェルソミーナは、ザンパノに体の疲れを取ってもらおうと考え、スープを作ります。しかし、ザンパノからは、「豚のエサだな」と、酷評され、さらに、ジェルソミーナの服装にも注文を付けます。ザンパノは、「みすぼらしいのは、ごめんだ。」と言い、バイクの荷台に詰められている帽子と衣服を取り出し、ジェルソミーナに渡します。さらに、ザンパノは、ジェルソミーナに、自身の芸をたくさんの人たちに見てもらうための宣伝の練習をさせます。「ザンパノ、来たる。」と、ザンパノから教わった台詞を何度も繰り返すジェルソミーナ。しかし、彼女の声はとても小さく、改善の余地が大いにありました。さらに、ジェルソミーナは、ラッパや太鼓の演奏の仕方も教わりますが、まだまだ動きがぎこちなく、やはり、改善の余地が大いにありました。



翌日、ザンパノは、昨日と同じ場所で、昨日と同じように生鉄を使った芸を披露していました。ザンパノの隣では、道化師に扮したジェルソミーナが、前日に教わったばかりの太鼓を一生懸命演奏していました。そして、ザンパノは、自身の芸の披露が終わると、今度は自身も道化師に変身し、ジェルソミーナと一緒に、道化芝居を始めます。この日、生まれて初めて道化芝居をしたジェルソミーナの間の取り方は今一つでしたが、ジェルソミーナは、芝居を一生懸命こなしていました。その日の夜、ザンパノとジェルソミーナは、レストランで食事をします。食事中、ザンパノは、赤毛が特徴の若い女性客に目を奪われて、迷わず口説き、ジェルソミーナを置いて、どこかへ行ってしまいます。ジェルソミーナは、レストランの外でザンパノの帰りを待っていましたが、ザンパノはいつまで経っても帰ってきませんでした。



翌朝になっても、ザンパノはなかなか戻ってきませんでした。しかし、帰りを待ち続けるジェルソミーナの目の前に、ザンパノの行方を知る、通りすがりの女性が現れます。彼女曰く、ザンパノは、町外れにある畑の近くにいるとの事。そこには、ザンパノが運転するバイクが停めてありました。つまり、ザンパノは、前夜にナンパした女性と別れて、結局、バイクが停めてある場所に戻っていたのです。ジェルソミーナは、急いで畑の方へ走っていきます。ジェルソミーナが畑に着くと、ザンパノは、バイクの前で仰向けになって、ぐっすりと眠っていました。



しばらくして、ザンパノが目を覚まします。ザンパノは、前夜にワインを飲み過ぎたせいか、二日酔いの最中にありました。その時、ジェルソミーナは、畑でトマトの大きな種を見つけ、1つずつ植えていました。ザンパノは、ジェルソミーナに声をかけて、次の町へ向けて、一緒に出発します。その道中、ジェルソミーナは、ザンパノに疑問をぶつけます。ローザも、ザンパノの女遊びの数々を目の当たりにしてきたのかと。しかし、ザンパノは具体的に答えてはくれず、自身が女遊びをした時は、たとえ言いたい事があっても、口をつぐむよう、釘を刺します。



ザンパノとジェルソミーナが次に訪れ、芸を披露した場所は、広大な牧場でした。その一角では、結婚披露宴が行われ、2人は道化芝居を披露します。ザンパノの叩く太鼓のリズムに合わせて、ステッキを持って踊るジェルソミーナ。しかし、招待客は、新郎新婦のキスに大盛り上がりで、誰も道化芝居を見てくれませんでした。そんな時、2人は、牧場で暮らす女性(マルチェッラ・ロヴェーラ)に食事を勧められ、牧場に建つ家の中に入ります。食卓に向かう途中、ジェルソミーナは、その場にいた子供たちに、食卓とは別の場所に案内されます。そこには、病気を患い、暗い部屋の中に隠されているという少年・オズヴァルドがベッドの上で座っていました。案内した子どもたちは、ジェルソミーナに、「オズヴァルドを笑わせてほしい。」と、頼みます。ジェルソミーナは、小鳥の真似をして笑わせようとします。しかし、そこへシスターが入ってきて、怒り口調で子どもたちを部屋から追い出したため、ジェルソミーナも慌てて部屋を出ていきます。



一方、ザンパノは、食事を勧めてくれた女性と一緒に、パスタを食べていました。女性は、過去に2回結婚したのですが、1人目の夫とも、2人目の夫とも死別していました。ザンパノは、女性に3度目の結婚を勧めますが、女性はとてもそんな気になれませんでした。すると、そこへ、ジェルソミーナがようやく現れます。ジェルソミーナは、オズヴァルドの存在をザンパノに知らせます。しかし、ザンパノは興味を示さず、女性と一緒にどこかへ行ってしまうのでした。



その日の夜、ジェルソミーナは、ザンパノに、「ラッパを教えてほしい。」と頼みます。しかし、ザンパノは、なぜか話を逸らし、ジェルソミーナは、話を無視されたショックで泣き出してしまいます。翌朝、目を覚ましたジェルソミーナは、まだウトウトしていたザンパノに向かって、突然、「故郷に帰る。」と言い出します。ジェルソミーナは、道化芝居をするのは好きなのですが、ザンパノの事は嫌いになってしまったのです。ザンパノは、「バカ言え。」と言って、また眠り始めてしまいます。ジェルソミーナは、ザンパノが思い直してくれるのをとうとう諦め、泣きながら、故郷へ向かって歩き出します。



その後、ジェルソミーナは、牧場のすぐ近くで、フルートや、クラリネット、ラッパを演奏する3人の兵士たちを見かけて、思わず後をついて行ったり、街中で伝統的なお祭りのパレードに加わったり、大道芸人による高い建物から高い建物への見るからに怖そうな綱渡りを見て楽しんだりと、故郷へ向かう道中をとても楽しんでいました。綱渡りが終わった後、ほとんどの人たちが家路に就き、ジェルソミーナは一人ぼっちになります。ジェルソミーナが街をうろうろしていると、見覚えのあるバイクが通り掛かります。運転していたのは、ザンパノでした。ザンパノは、ジェルソミーナにバイクに乗るよう促しますが、ジェルソミーナは、嫌な記憶が突然蘇り、涙をこぼしながら、頑なに拒みます。しかし、ザンパノが簡単に諦めるはずがなく、ジェルソミーナはザンパノの言う事に従うしかありませんでした。



数日後、ザンパノとジェルソミーナは、ローマに来ていました。サーカス団の公演に出演するため、サーカス団のテントのある場所に滞在しているのです。公演前、2人は、陽気にバイオリンを弾く、サーカス団の綱渡り芸人・キジルシ(リチャード・ベイスハート)と出会います。キジルシは、以前に2人の姿を見かけた事がありました。キジルシは、ザンパノが生鉄の鎖を胸筋で飛ばす芸を見た事があり、それをよく覚えていたのです。「(ザンパノの芸を)しばらく見ていないな。」と、当時の様子を懐かしむキジルシに、ザンパノは少々腹を立てます。その後、サーカス団の公演が始まり、ザンパノは、久々に生鉄の鎖を胸に巻いて、芸を披露します。しかし、その途中、キジルシが、客席の最前列で、「ザンパノ、すまない。電話だ。」と、ザンパノを茶化して、どこかへ行ってしまいます。緊張感を台無しにされたザンパノは激怒し、キジルシを探し始めますが、キジルシは見つかりませんでした。ザンパノは、すっかり諦めて、眠ってしまいます。その頃、キジルシは、テントの外で、まるで何事もなかったかのように、バイオリンを弾いていました。ジェルソミーナはそれに気付き、静かに微笑むのでした。



翌日、ジェルソミーナは、キジルシの勧めで、ラッパを吹いてみます。ジェルソミーナは、ラッパをただ思いっきり吹いただけでしたが、キジルシは「ばっちりじゃないか。」と、ジェルソミーナを褒め、今度は、自身のバイオリンの演奏に合わせて、吹いてもらおうと考えます。しかし、ジェルソミーナは「また、ザンパノに怒られてしまうのではないか。」と、躊躇してしまいます。2人のやり取りを傍で見守っていたサーカス団の団長(アルド・シルヴァーニ)は、ザンパノが外出中である事をジェルソミーナから教えてもらうと、「(ザンパノが帰ってきたら)話をする。」と、言って、ジェルソミーナを安心させます。ジェルソミーナは、団長の言葉で持ち前の笑顔を取り戻し、再びラッパの練習を始めます。しかし、…。



前回の「レイジング・ブル」(1980年)に引き続き、今回もモノクロ映画をご紹介します。今回は、今から遡る事66年前のイタリア映画「道」です。「道」は、1956年に、第29回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞しました。メガホンを取ったのは、フェデリコ・フェリーニ監督。「カリビアの夜」(1957年)、「崖」(1958年)、「青春群像」(1959年)等、数多くの映画を手掛けました。



オープニングタイトルで流れるテーマ曲は、フェリーニ監督と何度もタッグを組んでいるニーノ・ロータが作曲しました。一度この曲を聴くと、まだ記憶に新しいと感じる方も少なくないのではないかと思います。なぜなら、2010年に、バンクーバー冬季オリンピック・フィギュアスケート男子シングルで、高橋大輔選手が使用し、銅メダルを獲得したからです。因みに、この曲は、劇中に何度も登場します。登場するシーンごとにアレンジを変えている訳ではないのですが、ある時は優雅に聴こえ、ある時は楽しく聴こえ、ある時は悲しく聴こえ、実に不思議な曲です。



ジェルソミーナを演じたのは、フェリーニ監督の妻で、「戦火のかなた」(1946年)や「カリビアの夜」(1957年)、「ジンジャーとフレッド」(1985年)等に出演しているジュリエッタ・マシーナ。マシーナは、この映画を観る人をグッと吸い寄せる魅力の持ち主です。というのも、純粋無垢な微笑みや不慣れな芸を一生懸命こなす姿を見ると、つい応援したくなるのです。



ザンパノを演じたのは、「ナバロンの要塞」(1961年)や「アラビアのロレンス」(1962年)で知られるアンソニー・クイン。ドスの利いた声やタバコをふかす姿、事あるごとにジェルソミーナを怒鳴る姿は、古き良き時代の気性の荒い男そのもので、とても印象に残りました。しかし、物語の後半になると、ある事がきっかけで、気性の荒さがすっかり消えて、まるで別人のようになります。物語の後半にも、ぜひ注目していただきたいです。



サーカス団の綱渡り芸人・キジルシを演じたのは、「白鯨」(1956年)、「カラマゾフの兄弟」(1957年)のリチャード・ベイスハート。綱渡り芸人の設定なのですが、私がなかなかそうとは気付かなかったくらい、綱渡り芸人の印象は薄く、むしろバイオリンを弾きながら、周囲の人たちを楽しませる印象が非常に強かったです。また、キジルシは、何かとザンパノをからかい、本人の怒りを買ってしまいます。からかう側としては、ザンパノをほんの少しからかっている程度なのかもしれないですが、私は、だいぶやり過ぎなように見えました。しかし、無邪気な笑顔でジェルソミーナと接する姿は、凄く素敵でした。



この後、ザンパノが外出先からサーカス団のテントに戻り、ジェルソミーナだけでなく、サーカス団の団長や団員たちにも多大な迷惑をかける事になります。しかし、この出来事は、不思議な事に、ザンパノにも、ジェルソミーナにも、いい影響を与えます。一体、どう言う事なのでしょうか?特に、ジェルソミーナは、箱入り娘から、どこか頼もしい娘に成長するので、その成長ぶりにも注目をしていただきたいです!



しかし、そんな矢先に、ザンパノが多大な迷惑の次元を超える、取り返しのつかないトラブルを起こしてしまいます。ジェルソミーナは、ザンパノの行動を止める事ができず、ただただ無力感に苛まれるばかり。「私は、何の役にも立たないわ。」と、自身の至らなさを嘆くジェルソミーナを、キジルシが時代を超える名言で励まします。「どんな物でも、何かの役に立っている。」今、自分が生きている意味とは何なのかを考えている人たちに、私から彼のこの名言を贈りたいと思います。

道 [DVD] - ジュリエッタ・マシーナ, アンソニー・クイン, リチャード・ベイスハート, フェデリコ・フェリーニ
道 [DVD] - ジュリエッタ・マシーナ, アンソニー・クイン, リチャード・ベイスハート, フェデリコ・フェリーニ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント