レイジング・ブル(1980年 アメリカ)

レイジング・ブル [DVD] - ロバート・デ・ニーロ, キャシー・モリアーティ, ジョー・ペシ, マーティン・スコセッシ
レイジング・ブル [DVD] - ロバート・デ・ニーロ, キャシー・モリアーティ, ジョー・ペシ, マーティン・スコセッシ

1964年、アメリカ・ニューヨークで、「ジェイク・ラモッタの夕べ」と題したイベントが開かれます。「あの歓声は、まだ耳に残っている。頭から離れない。試合はすべて覚えている。どのパンチも、覚えている。減量はキツかったが、悪くない人生だった。」会場の楽屋でそう独り言を言って、葉巻に火を付けたのは、かつて、「ブロンクスの雄牛」の異名を持ち、ボクシングのミドル級のチャンピオンとして活躍していたジェイク・ラモッタ(ロバート・デ・ニーロ)でした。

レイジング・ブル [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray] - ロバート・デ・ニーロ, キャシー・モリアーティ, ジョー・ペシ, マーティン・スコセッシ
レイジング・ブル [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray] - ロバート・デ・ニーロ, キャシー・モリアーティ, ジョー・ペシ, マーティン・スコセッシ

1941年、ジェイクは、オハイオ州で、アフリカ系のボクサーのジミー・リーブス(フロイド・アンダーソン)との試合に臨んでいました。ジェイクは、この試合で苦戦を強いられていました。試合が行われたオハイオ州はジミーの故郷で、ジェイクにとってまさに敵地。ポイントも、ジミーの方が上回っていました。左の瞼を切って、血が溢れ出したジェイクは、最終ラウンドを前に、会場に駆けつけていたマフィアの一員・サルビー(フランク・ヴィンセント)に励まされる事で再び立ち上がり、なんと、ジミーから3度もダウンを奪います。これで、ジェイクは大逆転して、勝利をつかみ取ったかに思われました。

レイジング・ブル (字幕版) - キャシー・モリアーティ, フランク・ヴィンセント, ジョー・ペシ, ニコラス・コラサント, ロバート・デ・ニーロ, マーティン・スコセッシ, ジェイク・ラモッタ, ジョセフ・カーター, マーディク・マーティン, ポール・シュレイダー, ピーター・サヴェージ, ハル・W・ポレール, アーウィン・ウィンクラー, ピーター・サヴェージ, ロバート・チャートフ
レイジング・ブル (字幕版) - キャシー・モリアーティ, フランク・ヴィンセント, ジョー・ペシ, ニコラス・コラサント, ロバート・デ・ニーロ, マーティン・スコセッシ, ジェイク・ラモッタ, ジョセフ・カーター, マーディク・マーティン, ポール・シュレイダー, ピーター・サヴェージ, ハル・W・ポレール, アーウィン・ウィンクラー, ピーター・サヴェージ, ロバート・チャートフ

しかし、実際には、生まれて初めて判定負けを喫してしまいます。しかも、ジャッジの中で、ジェイクの勝利を認める者は、一人もいませんでした。ジェイクは、最終ラウンドの前にもダウンを4度奪っているのに、なぜこうなってしまったのでしょうか。観客たちは、「八百長だ!」と叫び、サルビーも、納得のいかない表情を浮かべて、「まだ、リングを降りるな。お前の勝ちだ。堂々としてろ。」と、励まします。ジェイクは、両腕を上げて、観客たちからの声援に応えます。しかし、その直後、どこかから折り畳み椅子が勢いよく投げ込まれ、若い女性客が、大勢の観客たちに押されて、うつ伏せ状態で倒れ、次々に足で踏まれて、耳をつんざくような悲鳴を上げ、一方、その間に、ジミーはセコンドと一緒にリングを降りていき、会場は大混乱になりました。



試合後、ジェイクは、自宅のあるニューヨークのブロンクスに戻ります。ジェイクは、自宅で一人で食事をしながら、ジミーとの試合を振り返っていました。あの時、ジャッジが下した判断に対して、ジェイクは今でも憤りを隠せません。ジェイクは、隣のキッチンで料理を作る妻に向かって、「俺が浮気旅行でもしていたと思ったんだろ?正直に言ってみろ!」と八つ当たりします。すると、妻は「だから何よ?」と言い返します。このやり取りをきっかけに、2人は夫婦喧嘩を始めてしまいました。

妻と正しくケンカする方法 - 小林美智子
妻と正しくケンカする方法 - 小林美智子

すると、そこへ、ジェイクの弟でマネージャーのジョーイ(ジョー・ペシ)が訪ねてきます。ジェイクがステーキを食べているところを見たジョーイは、ジェイクの体重が増えているのではないかと心配し、肉を食べるのを控えるよう、注意します。しかし、ジェイクは、ボクサーとして、弱気な発言をしたり、ジョーイに向かって、「頼む。俺を殴ってくれ。」と、頼んだりします。ジョーイは、ジェイクを殴るのを頑なに拒みますが、ジェイクはなかなか引き下がろうとはせず、ジョーイに、グローブの代わりに、テーブルの傍にある布を手に巻いて、自分を殴るよう頼みます。ジョーイは、ジェイクを説得する事を諦め、仕方なく頼みを聞き入れます。ジョーイは、ジェイクの左の瞼が再び切れるまで殴り続けました。しかし、ジェイクが今、何を望んでいるのかは、最後まで理解する事ができませんでした。



数日後、ジェイクは、自宅の近くにあるジムで、スパーリングに臨みます。しかし、実際にスパーリングが始まると、ジェイクは、ひたすら相手を殴り続け、相手がリング上で倒れても、勢いを止めようとしませんでした。スパーリングが終わった後、ジェイクはコーラを買いに出掛けます。その時、ジェイクは、既婚者であるにもかかわらず、一人の女性に一目惚れします。彼女の名は、ビッキー(キャシー・モリアーティ)。ビッキーは、ブロンドの髪がとても美しい15歳の少女でした。しかし、この頃、実は、ジョーイも、以前からビッキーの事が気になっていました。数日後、ジェイクは、ジョーイに一言断った上で、ビッキーと一緒にドライブデートに出掛けます。ジェイクは、左ハンドルのオープンカーの助手席にビッキーを乗せ、右腕で彼女の肩を抱きながら、運転をします。その後、2人は、パターゴルフを楽しみ、それが終わると、ジェイクがビッキーを父の自宅に招きます。ダイニングルームの椅子に座ったジェイクは、父がいないのをいい事に、ビッキーを膝の上に乗せ、スキンシップをする事によって、心の距離を縮めていきます。そして、心の距離が縮まった事を確信すると、彼女を寝室に連れていくのでした。



1943年、ジェイクは、デトロイトで、シュガー・レイ・ロビンソン(ジョニー・バーンズ)との2度目の試合に臨みます。1度目は、前年の10月に行われたのですが、その時は、シュガー・レイが勝利を収めていました。2度目となる今回は、ジェイクの勝利を期待する声があったのですが、リングの上で華麗な動きを見せるシュガー・レイに対し、ジェイクの動きは、まるで重戦車のようでした。しかし、ジェイクを応援する人々の不安は、見事に払拭されました。ジェイクは、体の重さを感じさせないくらいに猛攻を続け、見事に判定勝ちを収めたのです。また、この頃、ジェイクは、事あるごとに喧嘩をしていた妻と別れ、ビッキーと交際していました。ジェイクは、ビッキーと肌を重ねる事で、身も心も満たされていました。



2度目の試合からわずか3週間後、デトロイトで、シュガー・レイとの3度目の試合が行われます。ジェイクは、今度もダウンを奪い、勝利は確実かに思われました。しかし、ジェイクは判定負けをしてしまいます。試合後、ジョーイは、「(シュガー・レイが)もうすぐ軍隊に入隊するから、勝たせてもらったんだ。」と怒りを爆発させます。ジェイクは、わざわざ試合に観に来てくれたビッキーとの面会を拒み、先に帰ってもらうのでした。



1944年、ジェイクは、デトロイトで、別のボクサーとの試合に臨み、勝利を手にします。この試合を皮切りに、ジェイクは3年にわたって連勝記録を伸ばしていきます。この間、ジェイクは、遂にビッキーと再婚し、3人の子どもが誕生します。その後、ジョーイも、兄に続いて結婚します。1947年、ジェイクは、ジョーイから、ボクシング界のホープであるトニー・ジャニロ(ケビン・メイホン)との対戦を勧められます。しかし、ジェイクは、消極的な態度をします。最近、ジェイクは、年齢を重ねたせいか、減量が難しくなっていたのです。ジョーイは、減量さえできたら問題はないと考えるのですが…。



この映画は、元ボクシング世界ミドル級チャンピオンのジェイク・ラモッタの自伝を基に、全編モノクロで製作され、1981年に、第53回アカデミー賞で主演男優賞(ジェイク役のロバート・デ・ニーロ)と編集賞を受賞しました。監督は、マーティン・スコセッシ。代表作に、「タクシードライバー」(1976年)、「ギャング・オブ・ニューヨーク」(2002年)、「沈黙-サイレンス-」(2016年)があります。



物語は、現役を退いて久しいジェイクが自身の過去を懐かしむシーンから始まります。この時のジェイクは、腹部にぜい肉がたっぷりと付いていて、額が広く、いかにも現役生活からかなり遠ざかっている印象を与えています。このシーンが終わると、今度は、ジェイクの現役時代の試合のシーンが始まります。この時のジェイクは、ボクサーなので当然ではありますが、惚れ惚れするような筋肉の持ち主で、髪の量も多く、そして、頭からしたたり落ちてくる汗も美しく、いかにも負け知らずのプロボクサーという印象を与えています。



どちらのシーンも、ジェイク役を演じているのは、ロバート・デ・ニーロ。当時、37歳だったデ・ニーロは、冒頭のシーンのふくよかな体型を作り上げるべく、体重をなんと27kgも増やしたそうです。1つの役の若かりし頃と中年の頃の両方を、1人の俳優が、それも、どちらも実にナチュラルに演じているのは、本当に凄かったです。思わず、「タクシードライバー」で観た、あの大変身ぶりを思い出してしまいました。デ・ニーロのストイックな役作りには、本当に頭が下がります。デ・ニーロのように、役の体型を徹底して作り上げる事を「デ・ニーロ・アプローチ」と言うのですが、この映画は、この言葉が誕生するきっかけとなったのだそうです。



物語の前半は、ジェイクの成功の歳月がテンポよく描かれています。ボクシングの試合で勝利を積み重ね、プライベートでは、ビッキーとの関係が次第に濃厚になっていきます。それとは対照的に、物語の後半は、ジェイクの転落の歳月が丁寧に描かれています。ジェイクは、年を追うごとに、冒頭のシーンのようなふくよかな体型に近付いていき、次々に悲劇が起こります。ジェイクに縁のある人たちは、ジェイクの身に悲劇が起こる度に、一人、また一人と離れていきます。皆さんもぜひ、この映画をご覧になって、ジェイクの人生の浮き沈みに寄り添っていただけたらと思います。

レイジング・ブル [DVD] - ロバート・デ・ニーロ, キャシー・モリアーティ, ジョー・ペシ, マーティン・スコセッシ
レイジング・ブル [DVD] - ロバート・デ・ニーロ, キャシー・モリアーティ, ジョー・ペシ, マーティン・スコセッシ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント