めぐり逢えたら(1993年 アメリカ)


めぐり逢えたら コレクターズ・エディション [AmazonDVDコレクション]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2014-12-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



アメリカ中西部の都市・シカゴ。建築家のサム(トム・ハンクス)は、最愛の妻・マギー(キャリー・ローウェル)を病で亡くしたばかり。8歳の息子・ジョナ(ロス・マリンジャー)との2人暮らしになったサムを、友人や同僚は心配していました。ある友人は、料理を作り、レンジで温めるよう言ってくれました。サムの会社の同僚は、自身のかかりつけ医を紹介してくれました。しかし、当の本人は、心配してくれる人の数があまりにも多いがために、うんざりしていました。同僚は、サムに2~3週間、休暇を取る事を勧めます。しかし、サムは、「それだけでは自分は変わらない。思い切って遠くへ引っ越した方がいい。」と考えていました。サムが考えていた引っ越し先は、アメリカ北西部にある、太平洋に面した都市・シアトルでした。サムは、あえて、縁もゆかりもない土地へ行けば、マギーの事を思い出して、気分が落ち込むような事はないだろうと考えていたのです。


めぐり逢えたら [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2013-06-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



1年半後、東海岸にあるメリーランド州の最大都市・ボルチモアはクリスマス一色です。新聞社「ボルチモア・サン」の記者・アニー(メグ・ライアン)は、同じ新聞社の出版局に勤める婚約者・ウォルター(ビル・プルマン)を連れて、車で実家へ帰省します。帰省して早々、アニーは家族に婚約を報告。父・クリフ(ケヴィン・オモリソン)も、母・バーバラ(ルクランシェ・デュラン)も、兄・デニス(デヴィッド・ハイド・ピアース)も、皆、アニーの婚約を心から祝福します。その後、アニーは、自身の部屋で、バーバラと二人きりになります。バーバラは、アニーに、1着のウェディングドレスを見せます。これは、アニーの祖母の形見。バーバラは、「いつかアニーの結婚が決まったら、アニーに着てほしい。」と考え、長年、大切に保管していたのです。アニーは、祖母の形見を大切に守ってくれた母の想いに感謝します。


めぐり逢い [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2014-05-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



やがて、アニーは、1人で自宅へ戻ります。その途中、アニーは、ラジオから流れる「ジングルベル」のメロディーに気持ちが高ぶり、大きな声で「ジングルベル」を歌います。「ジングルベル」を歌い終えたアニーは、ラジオに手を伸ばし、適当に選局をします。「ジングルベル」の次にラジオから流れてきたのは、さっきとは打って変わって、何のBGMもない「心の相談室」という番組でした。この番組は、精神科医のマーシャ・フィールドストーン(声:キャロライン・アーロン)がDJを務める相談番組です。この日、番組に出演したのは、シアトルに住む一人の少年でした。少年の名前は、ジョナ。1年半前に、最愛の妻・マギーに先立たれた、あのサムの息子でした。ジョナの願いは、「パパに新しい奥さんがほしい」というもの。シカゴに住んでいたサムは、あれから、ジョナと一緒にシアトルに引っ越したものの、未だに元気を取り戻せずにいたのです。

マーシャは、ジョナよりも落ち込みが激しいサムを心配し、ジョナに電話を代わってもらうよう、頼みます。電話の声の主が誰なのかを知らないサムは、ジョナに言われるがままに電話を代わります。最初は、セールスの電話だと思い込んでいたサムでしたが、マーシャから事情を聞かされると、悩みを打ち明けるのを嫌がってしまいます。しかし、マーシャに「これは、ジョナのクリスマスの願いなのよ。」と背中を押され、渋々話し始めます。サムは、マギーを亡くした時の喪失感が凄かった事、今では、元気になっている事を話しますが、近くで話を聞いていたジョナが、「(サムが)夜、眠れていないよ。」と、マーシャに教えます。この日まで、自身が不眠症である事がジョナにバレていないと思い込んでいたサムは、ジョナが自身の事をきちんと理解していたという事実に驚きます。

しばらくの間、「心の相談室」に聞き入っていたアニーは、ダイナー(大衆食堂)に立ち寄ります。アニーがダイナーに入ってみると、ダイナーに置いてあるラジオからも、「心の相談室」が流れていました。ダイナーのスタッフの間でも、話題は「心の相談室」で持ち切りのようです。番組では、若い女性リスナーが、マーシャにサムの住所を教えてもらおうとしていましたが、サムのプライバシーを侵害してしまうため、当然、断られていました。アニーは、車に戻った後も、「心の相談室」を聞いていました。マーシャは、「奥様を愛したように、別の女性を愛する事もできるわ。」サムと励ましていましたが、サムのマギーを思う気持ちが変わる事はありませんでした。アニーは、マギーを思うサムの誠実さに心を打たれ、涙を流します。



こうして、クリスマスが終わり、あっという間に大晦日に。「ボルチモア・サン」の会議室では、企画会議が行われていました。会議の出席者の一人・ベッキー(ロージー・オドネル)は、サムが出演した「心の相談室」の特集を組みたがっていました。たまたま用事があって会議室に入ってきたアニーは、ベッキーの話が耳に入り、話の輪の中に入ります。しばらくの間、話が大いに盛り上がる一同。すると、ベッキーが、話の自然な流れで、突然、アニーに「実際に記事にしてみたら?」と提案します。同じ会議に出席していた男性は、「中年女性が、2000人も、番組に電話をかけてきたんだぞ。」と、でたらめを口にします。そんなでたらめが出るくらい、サムは全米からの注目度が高く、新聞で取り上げられる価値が大いにあったのです。

その日の夜、アニーは、ウォルターと一緒に、カウントダウンパーティーに出席します。BGMに合わせて、ダンスを楽しむ2人。その途中、アニーは、近々ボストンへ出張するというウォルターから、「今度、一緒にニューヨークで過ごさないか?」と誘われます。アニーは、一瞬、笑みを浮かべますが、すぐに、神妙な表情に変わります。アニーには、何か気がかりな事があるようです。そのニューヨークでは、新年の到来を告げる花火が打ち上げられていました。その様子をテレビで観ていたサムは、子ども部屋でジョナを寝かしつけ、家の外に出ます。サムが空に目を向けると、ニューヨークと同じように花火が打ち上げられていました。しばらくして、サムがリビングに戻ると、マギーの幻がサムに近付いてきます。サムは、リビングのソファに横になり、マギーと会話を楽しむのでした。



ある大雨の日、サムとジョナが買い物から帰ってくると、郵便配達の男性が2人を待っていました。「心の相談室」を聞いた大勢の女性リスナーから手紙が届いていたのです。実は、番組の放送後、サムの住所を尋ねる女性リスナーからの電話がラジオ局に殺到し、ラジオ局のスタッフが、ジョナから住所を教えてもらって、彼女たちに伝えたのです。サムは、何の躊躇もなく住所を教えてしまったジョナを叱ります。当然、サムは手紙に目を通すつもりはなく、運命の出会いというものを信じていました。数日後、サムが外出先から帰宅すると、ジョナが、恋人(?)のジェシカ(ギャビー・ホフマン)と一緒に、レコードを聴いて過ごしていました。サムは、ジョナの大人顔負けの行動ぶりに刺激を受け、最近、一度だけデートをしたヴィクトリア(バーバラ・ギャリック)に電話をかけて、食事に誘います。その結果、サムは、次の金曜日に、ヴィクトリアと一緒に、レストランで食事をする事になりました。



アニーは、「心の相談室」の記事の執筆のため、取材活動を続けていました。電話とパソコンを駆使して、サムの情報を集めようとするアニーでしたが、サムと同姓同名の男性はあまりにも多く、取材活動は困難を極めます。しかし、アニーは、粘り強く情報を絞り込み、ついに、あのサムの住所を見つけます。アニーは、早速、サムに手紙を送り、手紙は無事に届きます。しかし、手紙が届いたのは、金曜日。サムが、ヴィクトリアと一緒に、食事に出掛ける日でした。ジョナは、サムより先に、興味津々な様子で手紙を読みます。サムは手紙に見向きもせずに出掛けていこうとしましたが、ジョナに呼び留められ、仕方なくざっと目を通します。ジョナは、アニーの好きな野球選手がサムと同じである事を喜びますが、サムは急いでいて、それどころではありませんでした。



その後、レストランに先に着いたのは、サムでした。サムはテーブルにあった角砂糖をピラミッド型に積み上げて、時間を潰していました。しばらくすると、そこへヴィクトリアが姿を現します。サムが自分を誘ってくれるのをひたすら待っていたヴィクトリアは、この日、ついに夢が叶い、嬉しそうな顔をしていました。これから2人の話が盛り上がろうとしていたその時、レストランに一本の電話が入ります。電話を入れたのはジョナでした。急用ではないのですが、ジョナからサムに伝えたい事があったのです。ジョナは、嫌な顔をして受話器を取ったサムに、「バレンタインデーに、ニューヨークに行かない?」と言い出します。アニーが送ってきたサム宛ての手紙に、「バレンタインデーに、エンパイア・ステート・ビルのてっぺんで逢いたい。」と書いてあったというのです…。



急用ではないのに、サムのデートの現場に電話をかけたジョナ。しかし、ジョナの思惑とは裏腹に、サムはヴィクトリアと仲良くなります。ジョナは、サムを正しく導かなければならないという責任感で頭の中がいっぱいになり、なんと、「心の相談室」に再び助けを求めます。この映画は、ここからラブコメディーの色が濃くなっていきます。映画の後半では、暴走と言っても過言ではないジョナの奮闘ぶり、それに振り回されるサムとアニーのパニックぶりが注目ポイントとなります。



因みに、ジョナが読み上げたアニーの手紙の一節「バレンタインデーに、エンパイア・ステート・ビルのてっぺんで逢いたい。」ですが、これは、ケーリー・グラントとデボラ・カーが主演した映画「めぐり逢い」(1957年)の名シーンから来ています。「めぐり逢い」にも、やはり、エンパイア・ステート・ビルの展望台で2人が会う約束をするシーンがあるのですが、当日、グラント演じるプレイボーイの二流画家・ニッキーは無事に展望台に着きます。ところが、カー演じる歌手・テリーは、タクシーにはねられ、二度と歩く事が出来ない体になってしまいます。テリーにとてつもなく大きなアクシデントがあったのを誰にも知らされないニッキーは、ずっと展望台でテリーを待ち続けるのです。「めぐり逢えたら」では、メグ・ライアン演じるアニーが、自宅で「めぐり逢い」のビデオを観るシーンがあるのですが、アニーは、このシーンの何とも切ない展開に号泣するだけでなく、自身の生活においても大きく影響を受け、先に述べたような手紙を書きます。ご興味のある方は、ぜひ「めぐり逢い」も、チェックしてみてはいかがでしょうか?



さて、ここで、「めぐり逢えたら」の監督と主演にも少し触れたいと思います。監督は、「ジュリー&ジュリア」(2009年)のノーラ・エフロン。主演は、「フィラデルフィア」(1993年)、「フォレスト・ガンプ 一期一会」(1994年)、「プライベート・ライアン」(1998年)と、数多くの名作で活躍してきたトム・ハンクスと、「戦火の勇気」(1996年)、「シティ・オブ・エンジェル」(1998年)、「電話で抱きしめて」(2000年)と、こちらも幅広い活躍をしているメグ・ライアンです。「めぐり逢えたら」が大ヒットした後の1998年に、3人は再び「ユー・ガット・メール」でタッグを組み、こちらも大ヒットしました。



「めぐり逢えたら」の後半は、前半の「心の相談室」がもたらす感動とは正反対のドタバタ劇が展開されますが、ラストシーンは、そんな事を忘れさせてくれるくらい、非常にロマンティックな雰囲気が醸し出されています。まさに、笑いあり、涙ありの物語です。最近、個人的に、このようなラブコメディーを映画館で観る機会が少ないせいかもしれませんが、後世に語り継がれるべきラブコメディーだと、改めて感じました。皆さんも、このジューン・ブライドの季節に、この映画をご覧になってはいかがでしょうか。


めぐり逢えたら コレクターズ・エディション [AmazonDVDコレクション]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2014-12-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック