サン・ロレンツォの夜(1982年 イタリア)


サン★ロレンツォの夜 [DVD]
ポニーキャニオン
2015-10-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サン★ロレンツォの夜 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ある日の夜、まだ母親になったばかりの若い女性が、隣ですやすやと眠る幼い我が子に、イタリアのトスカーナ地方の古くからの言い伝えを教えていました。毎年8月10日に訪れる聖ロレンツォの日の夜に、愛する人を思い、流れ星に向かって願いをかけると、それが叶うというのです。また、女性は、幼かった頃に体験した第2次世界大戦のことを思い出し、語り始めるのでした。


トスカーナ 美味の教え: イタリアのおいしい料理54 (単行本)
筑摩書房
古澤 千恵

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トスカーナ 美味の教え: イタリアのおいしい料理54 (単行本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



1944年夏、イタリアのトスカーナ地方にあるサン・マルティーノ村は、ドイツ軍に占領され、ファシスト(※前年までイタリアの首相を務めたムッソリーニ率いる政党・国家ファシスト党が提唱する、独裁的な政治思想に心酔する人物のこと)による支配が続いていました。そんなある日、ドイツ軍司令部は、村の民家を爆破することを決め、全住民を教会に集めます。その後、集まった住民は大聖堂に向かいますが、住民の一人・ガルヴァーノ(オメロ・アントヌッティ)は、「これはドイツ軍が仕掛けた罠だ」と考え、村を出て、これまでトスカーナ地方への北上がずっと待たれていた連合軍を探しに行く決意をします。ガルヴァーノについて行く住民の中には、まだ若い母親・イヴァーナ(ノルマ・マルテッリ)と、当時6歳だった娘・チェチリア(ミコル・グイデッリ)もいました。このチェチリアこそ、この物語の最初に、トスカーナ地方の古い言い伝えを我が子に教えていた、あの母親なのです。そして、ファシストは、ガルヴァーノたちの脱出を知り、追跡を始めるのでした。


トスカーナの暮らしとインテリア―イタリア流スローリビング
トーソー出版
岩田 砂和子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トスカーナの暮らしとインテリア―イタリア流スローリビング の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



必死の想いで村を脱出したガルヴァーノたちでしたが、そんな彼らを悲劇が待ち受けていました。一行に加わっていた妊婦のベリンディア(ミリアム・グイデッリ)が、産気づいたのを理由に村へ戻り、大聖堂にいた時に、突然の大爆発に巻き込まれて、お腹の中にいた我が子と共に亡くなってしまったのです。ベリンディアは、妊娠を機に、恋人のコラード(クラウディオ・ビガリ)と結婚したばかりでした。



その後、ガルヴァーノたちは、アルノ川沿いを歩き続け、小麦畑で農作業をしていたダンテ(マウロ・モンニ)と出会います。ダンテは、ファシズムに対し危機感を抱いていたアメリカ軍の居場所をよく知る人物でした。ガルヴァーノたちは、しばらくの間、ダンテと行動を共にすることを決めます。翌朝、チェチリアは友達と一緒に小麦畑へ遊びに出掛けます。小麦畑に着いたチェチリアたちは、偶然、二人のアメリカ兵に出会い、ガムをもらって、大人たちの元へ帰ります。チェチリアたちからそのことを聞いた大人たちは、せっかくの機会を逃すまいと、アメリカ兵に会いに行きますが、彼らの姿はすでにありませんでした。同じ頃、幾人かのファシストたちが、銃を手に、小麦畑へ向かっていました。地獄と言っても過言ではない、激しい銃撃戦が間もなく始まろうとしていたのです…。



この映画は、以前、当ブログでご紹介したイタリア映画「父 パードレ・パドローネ」で監督を務めた、パオロ・タヴィアーニ、ヴィットリオ・タヴィアーニ兄弟が、幼少時代の体験を一人の女性の回顧録として映画化したものです。戦争という、シリアスに描かなければならないような題材でありながら、見事に寓話的に描いたその手腕が高く評価され、第35回カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞しました。



この映画の見どころは二つあります。一つは、わずか6歳だったチェチリアの恐ろしい心理状態です。村を脱出して、歩いている途中に休憩をするシーンがあるのですが、チェチリアは、とんでもないことに、心をワクワクさせて、我が家が爆破されることを願うのです。これも、寓話的な演出の一つなのではないかと思いますが、戦争という環境が一人の子どもをこんな心理状態にするのかと思うと、「恐ろしい」という言葉を超越したものを感じます。そして、もう一つは、クライマックスである小麦畑での銃撃戦のシーンです。とにかく、次から次へと様々な人たちがあっという間に銃殺されていく過程に圧倒されます。誰がガルヴァーノの仲間で、誰がファシストなのか、区別を付けるのがだんだん困難になる程です。戦争で誰かを殺す目的が何なのか分からず、とにかく殺し続けるのは、ゾッとしない訳にはいきません。戦争体験者の生の声を、実に斬新なアプローチで感じられる映画です。


サン★ロレンツォの夜 [DVD]
ポニーキャニオン
2015-10-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サン★ロレンツォの夜 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック