小さな恋のメロディ(1971年 イギリス)


小さな恋のメロディ [DVD]
KADOKAWA / 角川書店
2015-12-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小さな恋のメロディ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ダニエル(マーク・レスター)は、イギリス・ロンドンにあるパブリック・スクールに通う11歳の少年。見た目は美しいの一言に尽きますが、少々気が弱いのが玉に瑕でした。ある日、学校内にいたダニエルは、女子生徒たちによるバレエの練習の様子をこっそり覗き見します。彼女たちの綺麗な姿に次第に夢中になっていくダニエルでしたが、特に、メロディ(トレイシー・ハイド)のかわいらしさには、すっかり心を奪われてしまった様子。この日以来、ダニエルは勉強が手につかず、運動会でもメロディの事が頭から離れずにいる始末でした。


小さな恋のメロディ ― オリジナル・サウンドトラック
ユニバーサル インターナショナル
2002-05-02
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小さな恋のメロディ ― オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



やがて、ダニエルは、メロディの後をついて歩くようになり、また、メロディも、友人たちからダニエルが恋心を寄せている事を聞かされ、2人は、異性としてお互いを意識するようになります。その後、放課後に墓地で語り合ったり、学校をサボって海岸へ遊びに出掛けたりと、気が付けば、2人の姿はもう立派な恋人同士となっていました。


小さな恋のメロディ (ハヤカワ文庫 NV 72)
早川書房
アラン・パーカー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小さな恋のメロディ (ハヤカワ文庫 NV 72) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



海岸へ出掛けた日の翌日、2人は、学校の校長室にいました。授業をサボった事がバレて、校長先生(ジェームズ・カズンス)からお説教を受けていたのです。しかし、2人は反省するどころか、なんと堂々と結婚を宣言してしまいます。思わぬ結婚宣言はクラス中に広まり、ダニエルは、ガキ大将のトム(ジャック・ワイルド)にからかわれたのを理由に、トムを相手に取っ組み合いの喧嘩を始めてしまいます。しかし、すぐに先生が止めに入ったおかげで、2人はお互いに仲直りします。そして、トムはダニエルとメロディの恋を成就させるべく、結婚式を執り行う決意をするのです…。



私がこの作品を観たのは大人になってからですが、物語の中心となるダニエルとメロディは、まだ、パブリック・スクールに通うような子どもですが、2人っきりで語らう時間を思いっきり楽しんだり、真剣に結婚を考えたりと、恋をする時の心地よい心臓の鼓動が、この映画を観る大人の女性の心にもひしひしと伝わってきます。まさに、ただの子どもの初恋の次元を超越しています。クライマックスで2人を懸命に応援するクラスメートたちも、とても微笑ましく見えます。



また、主題歌であるビージーズの「メロディ・フェア」や1970年代のイギリスのファッション、インテリア、イギリス英語独特の音の響きも、ノスタルジックに物語を彩っています。皆さんもぜひ、イギリスのクラシカルな雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか?


小さな恋のメロディ [DVD]
KADOKAWA / 角川書店
2015-12-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小さな恋のメロディ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • シュガー・シェイカー

    じつはこの映画いちどもみたことがないんです。ても、ビージーズの『メロディ・フェア』はオールタイム・ベストに入るほど大好きな曲。ちなみに、ここ最近で見たい映画はやっぱり「スターウォーズ」の新作かな? 絶対見に行くと思います!!
    2015年12月11日 20:38
  • Kanako

    シュガー・シェイカーさん、コメントをくださり、ありがとうございます。シュガー・シェイカーさんは、「スターウォーズ」シリーズが大変お好きのようですね。「フォースの覚醒」がいよいよ劇場公開まで1週間を切り、今はワクワクされているでしょうねえ。

    ちなみに、私が今観てみたいのは、「007 スペクター」です。あらすじを読むと、「ダニエル・クレイグは、ひょっとして今回で見納めなのかなあ。」という気がしてしまって…。

    さて、「小さな恋のメロディ」ですが、ぜひぜひ、ご覧いただけたらと思います。「メロディ・フェア」とこの甘い初恋物語とのマリアージュは、観る人を懐かしい気持ちにさせてくれますよ。
    2015年12月12日 11:34
  • オカピー

    弊記事までコメント有難うございました。

    記事を書かれているに気付きましたので、早速トラックバックさせていただきましたよ。

    僕は丁度ダニエル君たちの世代で、映画や音楽の楽しみに芽生えた頃に観て、益々映画にのめり込ませた一本ですね。本作以前から既にビージーズは好きでしたが、この映画はビージーズの音楽があるからこそ、我々世代の大事な一本になったのだと思います。
    2016年02月26日 09:25

この記事へのトラックバック

映画評「小さな恋のメロディ」
Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 1971年イギリス映画 監督ワリス・フセイン ネタバレあり
Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
Tracked: 2016-02-26 09:18